クラフトビールとは?種類・味わい方・地ビールのと違いなどを分かりやすく解説!

このサイトはクラフトビールとはどのようなものなのか、種類・味わい方・地ビールのと違いなどを分かりやすく解説しています。
これから様々な種類のビールを味わってみたいと考えている場合には、きっと参考になるでしょう。
職人が作る小規模醸造所のビールは冷やした方がいいのか、それとも常温で飲むのが正解なのかといった情報もご紹介しています。
さらにビールの原料として用いられるものにはどのようなものがあるかにも触れています。

クラフトビールとは?種類・味わい方・地ビールのと違いなどを分かりやすく解説!

近年色々なタイプのクラフトビールが誕生しているため、興味を持っている人は多いのではないでしょうか。
クラフトビールは小規模なビール醸造所において造られている職人技のビールで、大手メーカーのビールとはまた異なる魅力があります。
ペールエールやIPAなど様々な種類があり、喉越しよりもゆっくり味わうのに適しています。
地ビールもクラフトビールの一種ですが、かつてのブームのときよりも高品質なものが多いのが今の時代のクラフトビールです。

そもそもクラフトビールとは一体どんなもの?

日本におけるクラフトビールとは、大手メーカーが大量生産するビールとの対比概念を指します。
小規模の醸造所によって生み出された、こだわりをもって製造されたと定義づけられるのが一般的です。
英語圏において、クラフトビールとは「手作り・職人によるビール」と定義されています。
なお日本でのクラフトビール誕生は、1994年の酒税法改正が大きく関わっています。
最低製造数量基準が2,000キロリットルから、60キロリットルに大幅に引き下げられたことにより各地に小規模な醸造会社が誕生しました。
これが「地ビール」が生まれるきっかけであり、小規模醸造所にて職人が精魂込めて作る製品をクラフトビールと呼ぶようになっていきます。
2004年に電子商取引が拡大したことが関連して、市場も大きく成長していったことも普及の一因です。
さらに2015年頃からは、大手メーカーの各社が本格的にクラフトビール市場へと乗り出してきて市場は賑わいを見せています。

クラフトビールには色々なスタイルがある

日本国内大手のビールメーカーが販売しているビールの多くは、キレのある爽快感が特徴的なピルスナーという種類だとされています。
しかし近年人気になっているクラフトビールには、ピルスナーをはじめとして50種類以上のビアスタイルがあるとされ、製法によって味わいや風味が全く異なることからその日の気分や、一緒に食べる食事に合わせてビアスタイルを選べることが大きな魅力です。
クラフトビールは大きく分けてエール系・ラガー系・天然発酵系の3種類に大別され、エール系には口当たりがよくフルーティーな香りが特徴的なエールや、ホップの苦味と芳醇な香りが特徴的なペールエールなどがあります。
ラガー系では低温貯蔵と熟成させたラガーに、ローストしたモルトの香ばしさと甘みが少ない黒ビールであるシュヴァルツが有名で、天然発酵系では、独特な香りと強い酸味が特徴のランビックにチェリー風味で甘苦い味が特徴のクリークが有名となっています。

インターネット通販ではどんなクラフトビールが人気?

日本の通販サイトのほとんどでクラフトビールを購入することができますが、最近特に人気を博しているのがご当地限定の商品になります。
様々なご当地産の商品が豊富に販売されていますが、なかでも注目を集めているのが京都産になるでしょう。
京都ならではの品のある味わいと程よい甘味が絶妙なのど越しを引き出しているので、まだ飲んだことがない方は一度試してみることをおすすめします。
また、飲んで気にいった商品が見つかれば、今度はお取り寄せの依頼をしてみましょう。
通販サイトならクラフトビールのお取り寄せが簡単に行えますし、様々な種類を注文することができるので、飲み比べを行いたい方にも最適となります。
もちろん、ギフトとしてお世話になっている方に贈ることもできるので、クラフトビールの良さをもっと広めていく為にもぜひ買って存在を知らせていってください。
ギフトとして一番おすすめできる商品に関しては、味の良さに定評がある「黄桜」になります。

クラフトビールと地ビールの違いとは?

クラフトビールと地ビールの違いですが、この二つはあえて区別せずに同じように使われることもありますし、それは決して間違いではありません。
ですが、あえて違いを説明したいということであればそれは可能です。
クラフトとは英語で工芸とか専門技能といった意味であり、職人が伝統的な方法で造ったビールがクラフトビールという考え方があります。
一方で地ビールの地とは土地とか地域の意味であり、要するにその土地ならではの特産品的な扱いをされるのがこちらということになるわけです。
このように説明することは可能ですが、一般的に言って両者を明確に区別することは困難と気づくでしょう。
別にビールに限らず、地方においてその地域ならではの特産品的な扱いをされるものの多くは、職人が伝統的な方法で作り出していることが普通です。
大規模な工場で流れ作業的に大量生産されている特産品というのは何か変ですし、職人技が活きているが全国規模で展開されている商品もあまりないでしょう。

アロマやフレーバーを感じながらクラフトビールを味わう

クラフトビールは、小規模な醸造所が作る伝統的な原料と製法で作られたビールです。クラフトビールの特徴は様々なものがありますが、味などのほかに特に大きく違うのがアロマやフレーバーなどの香りです。匂いの元になっているのはモルト・ホップ・酵母などの原料のほか、発酵中に酵母によって生成されるエステルという成分などが関わってきます。中には果物などを入れて発酵させることもあり、果物を入れることによってフルーティーなビールに仕上がるなど大きく違った味わいになります。アロマは鼻から感じる匂いで果実のようにフルーティーと表現されるだけではなく、花のようなフローラル、草のようでグラッシィ、穀物が匂いがグレイニィ、燻製でスモーキーと表現されます。対してフレーバーは、口の中で香ります。口の中には入れたときに感じる匂いや味わいのことを良い、苦味だけではなく甘みや酸味など多くの味わいを感じられるのがクラフトビールの魅力です。

グラスの種類でクラフトビールの味や香りが変化する

最近では知名度もあがりますます人気が出ているクラフトビールですが、一口にクラフトビールと言っても、原材料や製法、味や色によってさまざまに分類されることをご存じでしょうか。大きく分けると上面発酵のエールと、下面発酵のラガーの二種類に分けられますが、さらにピルスナーやスタウトなど、様々なスタイルがあるのです。ブリュワリーに行ったらぜひいろいろなビールの飲み比べをしてみてはいかがでしょうか。色や味などたくさんの種類を楽しむことができるのでおすすめの飲み比べですが、その時にはぜひグラスの種類にも注目してみてください。それぞれのビールが違う形のグラスに注がれるというのも、とても興味深い点ですね。もちろんそれには理由があるのです。そのビールの味や香りを最大限に引き出すことができるように、グラスの種類が使い分けられているのです。例えばピルスナーは飲みやすさやのど越しが魅力で世界中で人気ですが、このビールは気泡の美しさも楽しめるよう細長いグラスで提供されます。一方どっしりとした黒ビールのスタウトは下部にくびれのあるグラスで提供されますが、そのグラスの効果で苦みと香りが調和されているのです。それぞれのグラスに注がれるビールの味や香りを、ぜひ楽しみながら比べてみてはいかがでしょうか。

クラフトビールをグラスに注ぐ際のポイント

普段クラフトビールを飲む時に特に意識せずにグラスに注いでいるという方は多いですが、クラフトビールは注ぎ方によってさらに美味しく飲むことができるといわれています。そこでグラスに注ぐ際のポイントとしては、「三段注ぎ」を意識することです。三段注ぎとはビールを泡立てながら3回注ぐ方法であり、グラスをテーブルに置いて底に当てるよう高いところから勢いよく流し込み、泡の量が半分以下になったらすぐ上から注ぎます。また泡が収まってきたら先程と同じすぐ上から注いで2cmほど泡を盛り上げれば完成です。今まで何も意識せずに注いで、グラスが泡だらけになってしまった経験があるならこの三段注ぎを意識してみると、泡立ちが適量の状態で注ぐことができるので、時間をかけてじっくり美味しさを味わうことができるようになります。三段注ぎを行なう際には小さな入れ物より、大きめの形を選ぶことがポイントで、必ず乾燥した綺麗なものを使うようにしましょう。

クラフトビールをより美味しく味わう方法

近年ますます人気の出てきているクラフトビールですが、その土地ごとまたは季節ごとに地元のおいしい食べ物と一緒にクラフトビールを味わうのは最高のひと時です。クラフトビールをより美味しく味わおうと思ったら、まずはそれぞれの特徴や個性を知るのが最初の一歩です。クラフトビールは作り手がこだわりをもって少量生産で作っており、また伝統的な製法で作られているビールです。大きく分けるとラガー系とエール系の2種類に分けることができますが、さらによく聞くことのあるピルスナーやスタウトなど、いくつかのスタイルに分かれているのが特徴です。エール系はフルーティーで豊かな香りが特徴で、種類によって味に個性があるので料理との組み合わせで違いを楽しめます。一方ラガー系はすっきりとした飲みやすさやのどごしが人気です。まずはこのような違いがあることを知った上で、一口ずつ飲み比べてみるというのも楽しいですね。飲む前に色、そして一口ずつ口に含むことで、口に入れる前の香りや口に含んだ時の香り、味など、たくさんの楽しみ方ができるのが魅力です。

クラフトビールにピッタリのおつまみ

日本各地で生産されているクラフトビールは、種類が多種多様なのでビール好きの方はもちろん初心者の方でも飲みやすいものを見つけられることが最大の魅力です。クラフトビールはそのまま飲んでも十分に美味しいですが、ビールの風味を更に引き出すならおつまみにもこだわることがポイントになります。クラフトビールにも種類はありますが、基本的におすすめするのが肉系のおつまみで、ローストビーフやソーセージ、ステーキなど一緒に食べると風味が更に引き立ちます。またナッツやドライフルーツとの相性も良いことが特徴なので、軽くビールを一杯飲みたい時には手軽につまむことができるなどはナッツやドライフルーツを選ぶと良いでしょう。ホップの苦味が楽しめるIPAを飲む時などは、カレーライス、ピルスナーなら熱々の焼き鳥、スタウトなら焼肉やカツオのたたきと相性が良いとされるので、一緒に食べるものを探している時に試してみることをおすすめします。

クラフトビールに関する情報サイト
クラフトビールの魅力

このサイトはクラフトビールとはどのようなものなのか、種類・味わい方・地ビールのと違いなどを分かりやすく解説しています。これから様々な種類のビールを味わってみたいと考えている場合には、きっと参考になるでしょう。職人が作る小規模醸造所のビールは冷やした方がいいのか、それとも常温で飲むのが正解なのかといった情報もご紹介しています。さらにビールの原料として用いられるものにはどのようなものがあるかにも触れています。

Search